teaser5a

Home新製品・技術開発

新製品・技術開発への取り組み

製品開発部

cat31 cp1

王子エフテックスは、新しい技術を取り入れた新製品“ニューアイテム”を開発しています。
これまでに培った「抄紙」「紙加工」「製膜」といったコア技術だけでなく、複合材やナノインプリントといった新しい技術を取り込むことで、既存概念にとらわれない新製品を開発しています。
また、グループ各社との連携により、紙の市場にとらわれない新たな市場でのマーケティングにより“ニューエリア”の開拓にも取り組んでいます。
“ニューアイテム”の開発、“ニューエリア”の開拓に大切なことは、お客様と一体となって、取り組むことだと私たちは考えます。今後もお客様との対話を重ねることで、ご要望を正しく理解し、お応えできるよう努めます。 
また、当社製品開発部は、王子ホールディングスの研究開発部門であるイノベーション推進本部 ディベロップメントセンターを兼務しています。グループの垣根を越えたバリュー・チェーンの形成も推進してまいります。

cat31 ill1

ディベロップメントセンター(王子ホールディングス)

王子ホールディングス イノベーション推進本部 ディベロップメントセンターでは、これまで紙づくりで培った技術や専門性を強みに、メディカル製品用材料や機能性シート、微細構造付与などのナノ加工技術応用の研究、また、複合素材・各種工程紙等の特殊紙製品や塗工及び特殊加工技術などの研究開発を行っています。


粘着製品、高機能フィルム製品に関してはディベロップメントセンターから独立させ「粘着材料イノベーション研究所」、「アドバンストフィルム研究所」において専門分野に特化した研究開発を行っています。

 

また、江別工場内でも王子エフテックスの機能性素材の研究に取り組んでいます。

cat31 p3a

王子ホールディングス(東雲)

cat31 p3a2

江別工場

研究開発組織図

開発事例紹介

HDPPナノバックリング繊維強化熱可塑性複合材